温暖な気候と平均的な密度を持つ砂の多い土壌があるメラーノとその周辺には、中でも土着品種であるスキアーヴァをはじめとした、さまざまなブドウ品種を栽培するための理想的な条件が整っています。メラーノ市を囲むブドウ園で栽培されたスキアーヴァから造られたワインのすべてに対して、「Alto Adige Merano」のDOC認定呼称を使用することができます。また、数年前からは、ピノ・ネーロメルローも、ブルグラヴィアート(Burgraviato)(メラーノ盆地とそこにある村々)のテロワールで完璧に順応して栽培されるようになりました。この地域の土壌の性質により、メラーノのワインは適度の酸味を持つものとなり、五感で感じられる品質を向上させるたけでなく、ワインの熟成にも有利な特徴となっています。

栽培面積: 368 ヘクタール
ブドウ園の標高: 海抜300~800m
土壌: 降雨による堆積物からなる水はけの良い土壌で、斜面は小石が多く、谷間は砂が多い
製造: 白ワイン37%、赤ワイン63%の割合
最も多く栽培されているブドウ品種: スキアーヴァ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコ、ソーヴィニョン