Südtirol ブランドは、単なるネーミングの問題だけではなく、原産地と品質を宣言するマークとなっています。それは識別と信頼を可能にします。アルト・アディジェのDOC認定ワインのボトルに装着される新しいキャップシールの目的は、アルト・アディジェの他のワインから区別し、白ワインと赤ワインの原産地を保証することで、製品の品質を保証しようというものです。Südtirol のマークが入れられているキャップシールを見るだけで、由緒ある品種、最適な気候・地理条件、歴史あふれるブドウ園、有名なワイン製造農場、経験豊かなブドウ栽培者、有名なワイナリーやその他多くの要素など、アルト・アディジェ(南チロル)のワインを特別な存在にしてことのすべてが本当にボトルの中に詰められているかがわかるようになっています。