アルト・アディジェ(南チロル)のブドウ品種は、晴天が年間300日を超える、大陸アルプスの温暖な気候という、理想的な気候と地理条件のもとで育ちます。北ではアルプスが冷たい北風をさえぎり、南からは地中海やガルダ湖の温かい風が吹いてブドウの木を愛撫します。成長期には、昼と夜の気温の差が大きく、平均温度が18℃になり、雨の回数も多くなります。これらは、品質の良い、完全に熟したブドウの実を収穫することを可能にする理想的な条件です。

メラーノ、ボルザーノ、カルダーロ地域の火成岩の斑岩で構成される乾燥したテロワール、イザルコ渓谷の石英と雲母で構成される岩、バッサ・アテシーナの苦灰石や石灰を多く含む岩、コルタッチャの南にある泥灰土など、それぞれのブドウの品種に適した土地が存在します。このように土地の種類が多様であることから、ブドウの土着品種や国際的品種が成長するための理想的条件が見つかるのです。