アルト・アディジェ(南チロル)のブドウ栽培業者は、1つのワインの品質はブドウ園にかかっていることをよく知っており、彼らの土地にある品質の可能性のすべてをブドウの実に実現できるように常に細心の注意を払っています。どの品種をどのような位置、土地に植えるかを入念に決めるのは偶然ではなく、各品種 には、芳香、味、個性を最大限に発揮するための、自らの好みとなる「小さな場所」があるのです。栽培方法は持続可能性や環境に与える影響を少なくするという考え方に沿うもので、アルト・アディジェ(南チロル)のブドウ栽培業者は伝統的に手で作業し、ワインの品質だけでなく、風景の保護にも貢献しています。

アルト・アディジェ(南チロル)のブドウ栽培業者は、統合農法的ブドウ栽培を通じてブドウ園を体質的に強化することを選び、昆虫の保護と広がりを促進しています。ブドウの実の品質を高めるために、今ではどこでもヘクタールあたりの収穫量を制限することが普通になっています。そして、従来のパーゴラ方式の仕立てから、もっと近代的なコルドン方式やギヨー方式の仕立てに変更する例がますます増えています。