ワイナリー
受賞ワイン
写真
ワイン醸造地域
ボルザーノ=アルト・アディジェ県の県庁所在地であるボルザーノは、アディジェ川とイザルコ川が合流する地点にあり、日当たりの良い広い谷の盆地の中にあります。ここでは、ボルザーノ県で最も高級なワインが熟成されます。その一つはボルザーノの北西にある険しいサンタ・マッダレーナ丘陵で育つサンタ・マッダレーナの品種です。これは、アルト・アディジェ(南チロル)産の スキアーヴァ としては、最も気品が高く、コクのある味が表現される品種だと考えられています。その一方でグリエス(Gries)地区は、他の土着品種である ラグレイン の本場だと考えられています。ワイルドベリー、チェリー、ヴァイオレットの香りとオーク材の樽の匂いが添えられたグリエスのラグレイン(Lagrein di Gries)は、国際的ランキングで急上昇しました。深い沖積土の土壌と高温を好む品種です。この地域では40℃の気温に達することも少なくはありません。 栽培面積: 686 ヘクタール ブドウ園の標高: 海抜250~900m 土壌: 斜面では主として風通しの良い斑岩質の岩屑の堆積物、谷間では浸水する土壌 製造: 白ワイン30%、赤ワイン70%の割合 最も多く栽培されているブドウ品種:
bozen-1
フォローする ... ... ... ...
... CAMPAIGN FINANCED ACCORDING
TO EC REGULATION 1308/13
...