We use cookies to offer the best possible user experience on our website. We also use third-party cookies, to deliver personalised advertisement messages. By using our website you agree, that cookies can be saved on your device. Further information on the cookies used and on how to disable them can be found here.
 

常に一歩先を行く

直感から正確さへ

アルト・アディジェ(南チロル)の面積は狭く、多量の栽培を実現できません。ただ一つ残されている可能性は「上に向かって」展開するということです。このような理由で、大農園、ブドウ栽培者、協同組合ワイナリーは、新しい設備のために勇気ある選択をし、歴史ある土地区画を再編成し、各ブドウ園ごとにブドウ品種を最適にする方法を念入りに研究することで、品質にすべてを賭けるのです。しかし、唯一無二の独特の味を持つワインを造るという、大望を抱くことも忘れません。このようなわけで、アルト・アディジェの生産者たちは、自らの卓越したワインで、国際的な賞やワイン好きの支持を独占するのです。

「アルト・アディジェ(南チロル)は、数年のうちに、イタリアで白ワイン生産の首位を占める州になった。このような成長を可能にした条件は、アルプス-地中海の気候、上質の土壌、誰もが羨むブドウ園の位置である。アルト・アディジェ州の人々は、入念で堅実なブドウ栽培者の世代、そして、洞察力とアイデアにあふれるコンソーシアムの取り組みを通じて、このような好条件から成功を導いた。」

エルネルト・ジェンティーリとファビオ・リッサーリ『L’Espresso』誌の『Vini d’Italia』

土地への執着

アルト・アディジェのブドウ栽培業者の手作業が伝統を作っています。何世代も前から。

持続可能性

生活の質を改善するための慎重な成長: アルト・アディジェ(南チロル)ではブドウ栽培は未来を見つめる