個性のあるワインを造る頑固さ

小さな組織、大きな情熱

アルト・アディジェの名ワインの背景には、頑固で先見の明を持つブドウ栽培業者たちの姿がいつも隠れています。ブドウ栽培業者の数は5000を超え、家族とともに一貫してブドウ園に情熱を注ぎ、骨の折れる手作業を快く受け入れ、同業者間で強く団結したコミュニティを形成しています。彼らの小さな土地は生産面積以上の意味を持ちます。それは、彼らのアイデンティティーであり、誇りなのです。「足が地についた」ブドウ栽培業者たちですが、その目は地平線の彼方に向けられており、そこから個性が生まれてきます。このような理由で、組織は小さいものの、大きな個性を持っているのです。そして、アルト・アディジェ産ワインの性格と独自性はそこから引き出されるのです。

「アルト・アディジェ(南チロル)は、高級白ワインや魅惑的な赤ワインなど、イタリアで最も刺激的なワインのいくつかが生まれる土地だ。すべて、独特の個性を持っている。このアルプス地帯は、固有な特徴を備えた、様々な言葉と文化が形成される場所である。そして、その数々のワインは異文化を交流させる原産地を反映している。唯一無二であり、予想を上回るものを備えている。」

ポール・ルーカス著作家、ジャーナリスト

品質の継続的追究

アルト・アディジェ(南チロル)をイタリアで最も多くの賞を受けるワイン醸造地域にした要因。

持続可能性

生活の質を改善するための慎重な成長: アルト・アディジェ(南チロル)ではブドウ栽培は未来を見つめる