豊かな性格とモザイクのような多様性を持つ土地アルト・アディジェ(南チロル)

対立するものが味覚の喜びに溶けてしまう場所

雪をかぶったアルプスの頂、陽光を浴びる散策道、細かい配慮と情熱、品質への飽くなき追求、生きる喜び。このような要素のすべてが融合する魅力ある共生状態の中で、アルト・アディジェ(南チロル)のブドウ栽培を特徴づける、あの紛れもない精神が生まれます。一方でテロワールの多様性、気候の様々な影響が生むコントラスト、他方で農園、独立ブドウ栽培者、協同組合ワイナリーの長い経験と新しい飛躍が、比類ないほど多くの個性豊かなワインを生むことになるのです。このような理由で、発泡ワイン、果実の香りのニュアンス豊かなワイン、選び抜かれたワイン、洗練された甘口ワインは、すべて、生と生産を愛するアルト・アディジェ(南チロル)の卓越した世界の大使となっているのです。

「アルト・アディジェ(南チロル)」がボトルに入れられるまで

品質の継続的追究

アルト・アディジェ(南チロル)をイタリアで最も多くの賞を受けるワイン醸造地域にした要因。

持続可能性

生活の質を改善するための慎重な成長: アルト・アディジェ(南チロル)ではブドウ栽培は未来を見つめる

土地への執着

アルト・アディジェのブドウ栽培業者の手作業が伝統を作っています。何世代も前から。

肥沃で生産性の高い土地

「エンドウ豆の上に寝たお姫さま」のように細かく。アルト・アディジェでは、仕事はミリ単位となります。それは、ブドウ品種の一つ一つが気候、土壌、栽培地の高度に関する独自の環境条件を持っているからです。そして、小さな変化でも決定的な影響を及ぼす可能性があります。
アルト・アディジェ(南チロル)のテロワール

熟練した技術

ワイン醸造地としては、アルト・アディジェ(南チロル)は非常に小さい面積となっていますが、その大きさを感じさせるのがブドウ栽培業者が自らのブドウ園に傾ける情熱と彼らの弛まない、入念な努力です。彼らは自らの個性を反映するブドウ栽培を営みます。それは、伝統と新しいものを求める精神という、相反するものを調和のもとに共存させることなのです。
州内のブドウ栽培業者