We use cookies to offer the best possible user experience on our website. We also use third-party cookies, to deliver personalised advertisement messages. By using our website you agree, that cookies can be saved on your device. Further information on the cookies used and on how to disable them can be found here.
 

アルト・アディジェの卓越が栄える場所

DOC ワイン生産地域がある地を旅する

アルト・アディジェ州は、総合ブドウ栽培面積の98%が DOC 明細書によって保護されている点で、イタリアの州の中で首位に立っています。ところで、この原産地呼称の背景には、具体的に何が隠されているのでしょうか?<br />[1]<br />[1]「原産地統制呼称」(denominazione d’origine controllata、DOC)は、たとえば、最大許容収穫量やボトルに入れられたワインの酸度といった、厳格な規則を守っていることを保証しています。だからこそ、ワイン醸造について定めているイタリアの法律である2010年4月8日付け政令では、精選されたブドウ園で生産されたワインとともに、DOC ワインと DOCG ワインは品質のピラミッドの頂点に位置付けられているのです。現在、アルト・アディジェ(南チロル)では、8個の原産地統制呼称があり、これを基づいて、原産地によりDOCワインが分類されます。ブドウ栽培業者にとって、これは重要な保証となります。統制された事業者のみが DOC 呼称を使用し、ラベルでその表示をすることができるからです。