本物のアルト・アディジェ

キャップシールが解き明かすもの

「アルト・アディジェ(南チロル)のワイン」のボトルは長い説明話を必要としません。なぜなら、最も肝心なことはキャップシールに入れられたマークで既に語られるからです。つまり、このマークは、原産地を保証し、そのための必要条件を満たすことを証明するものなのです。ワインの通がよく知っているように、一目見るだけで、DOC 明細書に定められている必要条件を綿密に守りつつ、生産され、瓶詰めされた高級ワインを手にしていることがわかるのです。[1]<br />[1]<br />[1]マーク入りのキャップシールの使用は厳しく管理されています。したがって、そのキャップシールを見れば、中身の品質を確信できることになります。このように、キャップシールはワインを識別するだけでなく、安心させるとともに、消費者の信頼感を強化するものです。アルト・アディジェ(南チロル)の DOC ワインのすべてがこのような姿で現れます。これにより、「共通の信念から生まれるものは同じ旗印の下に現れる」という明確なメッセージを伝えつつ、原産地の識別を確かなものにしているのです。
DOC認定生産地域

DOC認定生産地域

アルト・アディジェ(南チロル)は、DOC認定生産地域の数が多いことでは、イタリアでも屈指の州となっています。それは、ワイン醸造地としては面積が小さいにもかかわらず、多種多様なワインを厳格な基準を守りながら生産していることを背景としています。
受賞・表彰歴

受賞・表彰歴

アルト・アディジェ(南チロル)のワインの賞の受賞は努力と情熱が報われる瞬間