貴重な中身のための強いブランドマーク

「アルト・アディジェ(南チロル)」がボトルに入れられるまで

アルト・アディジェ(南チロル)はワインを生産するという使命を持って生まれたと言えます。しかし、生産されるワインが卓越して世界中で高く評価されている事実はどこから来ているのでしょうか?それは、高い品質を求めて情熱と厳しい仕事をする人々からです。独立ブドウ栽培業者、協同組合ワイナリー、農園は、何十年も前から、小さな組織も含めて、大きな成果を収めてきました。彼らは結束し、それだからと言ってそれぞれの個性を失わず、栄光に甘んじずに一生懸命に努力して、自然を保護し、伝統を守り、未来を見つめるという公言した目標を掲げて進んでいます。その結果が、ブドウ栽培業者の惜しみのない努力が香りのニュアンスとして表われる、「アルト・アディジェ(南チロル)のワイン」というブランドマークを掲げることができるワインなのです。

SÜDTIROL(アルト・アディジェ)のキャップシール

「Südtirol」と書いたものをボトルに付けることで、間違いなくアルト・アディジェ(南チロル)のワインをお選びいただくこと。そのような目的を持つキャップシールの「Südtirol」という文字は、原産地がアルト・アディジェ(南チロル)であることを証明し、優れた品質のワインを保証する目印となっています。
キャップシールが証明する価値

DOC認定生産地域

アルト・アディジェ(南チロル)は、DOC認定生産地域の数が多いことでは、イタリアでも屈指の州となっています。それは、ワイン醸造地としては面積が小さいにもかかわらず、多種多様なワインを厳格な基準を守りながら生産していることを背景としています。
優れた品質の起源

受賞・表彰歴

アルト・アディジェ(南チロル)のワインの賞の受賞は努力と情熱が報われる瞬間

ブドウ品種

深く根ざした品種:アルト・アディジェのワイン産地の多様性