We use cookies to offer the best possible user experience on our website. We also use third-party cookies, to deliver personalised advertisement messages. By using our website you agree, that cookies can be saved on your device. Further information on the cookies used and on how to disable them can be found here.
 

アルプス気候と地中海気候のどちら?

アルト・アディジェ(南チロル)のワインは、北が既に南になっている所で生まれます。

アルト・アディジェの気候は、中央ヨーロッパと南ヨーロッパの分水界で展開します。この地では、アルプスによって冷たく湿気の多い北からの気流から保護され、南からはガルダ湖と地中海からの暖かく湿った風が吹き入れます。温暖で日当たりの良い日々、暖かい土壌、適度の降雨量、涼しい夜、すがすがしい風が、果実実豊かでさわやかなアルト・アディジェのワインを作り出します。中高地(1000メートル以下)の地域では、ピノ・ビアンコ、ソーヴィニョン・ブラン、ピノ・ネーロのような手間のかかる品種が成長して、洗練された性格を発揮します。対して、谷間の地域では、ラグレイン、カベルネ、メルローのような晩熟の品種がその最善を尽くします。

原産地統制ワインならではの味覚の喜び

アルト・アディジェ(南チロル)のDOCワインの原産地を明示する原産地統制呼称は、Lago di Caldaro、Alto Adige Val d’Isarco、Alto Adige Santa Maddalena、Alto Adige Terlano、Alto Adige Merano、Alto Adige Val Venosta、Alto Adige Colli di Bolzanoの8件です。

多様なワインと喜び

年間の晴れ日数が300日、アルプス-大陸気候の影響を受けた温暖な気候に恵まれたアルト・アディジェ(南チロル)が、ヨーロッパ屈指の人気がある観光地だけにとどまらず、卓越したワインの産地であることは偶然ではありません。

アルト・アディジェの最西部

アルト・アディジェの生産地域の中では比較的雨が少なく、小さな地域である最も西に位置するヴェノスタ渓谷地域は、昼と夜の気温の差が極端に大きいため、ピノ・ビアンコ(Pinot bianco)、リースリング(Riesling)、ピノ・ネーロ(Pinot nero)のようなブドウ品種の栽培に好都合となっています。

ワインの本拠地

北部の気候の良い影響を受けているイザルコ渓谷地域は、ケルナー(Kerner)、シルヴァーナー(Sylvaner)、ミュラー・トゥルガウ(Müller Thurgau)を一部の例とするアルト・アディジェ(南チロル)の白ワインにとって、他よりも好条件を持つ地域とみなされています。バッサ・アテシーナ地域では、斜面に並ぶブドウ園でカベルネ・ソーヴィニョン(Cabernet Sauvignon)、ピノ・ネーロ(Pinot nero)のような晩熟のブドウ品種が豊かに実ります。

ガルダ湖からこんにちは

アッピアーノ(Appiano)、カルダーロ(Caldaro)を囲む丘陵地域では、斜面にブドウ園が美しく並び、カルダーロ湖岸まで続いています。「ガルダ湖のそよ風(Ora del Garda)」という午後の温かい風が、スキアーヴァ(Schiava)、ピノ・ネーロ(Pinot nero)、シャルドネ(Chardonnay)、ソーヴィニョン(Sauvignon)が発散する紛れもない香りの中に感じられます。

都市部でのブドウ栽培

メラーノを包みこむ温暖な気候は、スキアーヴァ(Schiava)、ピノ・ネーロ(Pinot nero)、ピノ・ビアンコ(Pinot bianco)、ソーヴィニョン(Sauvignon)のようなトップのブドウ品種を完璧に仕上げます。また、ボルザーノ盆地では、ラグレイン(Lagrein)品種という最も力強い、フルボディのクリュが成熟します。

アルト・アディジェ(南チロル)の気候のデータ

日当たりが良く、適切な降雨量。ここでは多様な品種が繁栄します。

地質と土壌

複雑なモザイクを構成するアルト・アディジェのブドウ栽培