シルヴァーナー(Sylvaner)

日当たりの良い斜面から来た、さわやかで洗練されたワイン

アルト・アディジェでは、イザルコ渓谷地域がシルヴァーナーの本拠地でしょう。実際、涼しいものの、日当たりの良い斜面で、生き生きとしたボディと典型的な酸味をよく発揮します。ミネラルなアロマ、リンゴ、モモ、ミントの香りのニュアンスが、ハーブと刈り取ったばかりのワラのアロマと結び付けられます。この幸せな、説得力のある構成を持つシルヴァーナーは、アルプスを感じさせるアルト・アディジェのワインの真の「大使」と考えられています。
シルヴァーナー(Sylvaner)
栽培地域
69 ヘクタール
シルヴァーナー品種の栽培面積
1.2 %
アルト・アディジェ(南チロル)における総合ブドウ栽培面積に占める割合
Serving temperature
10°C
Min.
-
12°C
Max.
Pairs with
fresh water fish
vegetable dishes
Speck and cold cuts
Italian dishes
シルヴァーナー(Sylvaner)
栽培に適した土地
海抜500~700メートルにある日当たりの良い斜面の岩屑(せつ)土。
飲みたくなりましたか?

以下には、アルト・アディジェ産シルヴァーナーのさわやかさを味わう場所が勢ぞろい

サービス
 
 
 
 
 
21 / 表示21
近親者のいくつか
アルト・アディジェ(南チロル)の他の白ワイン用ブドウ品種
リストに戻る