ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon blanc)

白い服を着た由緒ある誘惑者

このフランスを起源とする由緒ある品種は、十九世紀末にアルト・アディジェ(南チロル)に導入されました。それ以来、ソーヴィニョン・ブランはこの土地のトップの白ワインの一つとなり、評価はますます高くなっています。東向きや西向きの斜面にあるブドウ園では、セイヨウスグリ、パッションフルーツ、エルダーベリー、クロスグリといった果実のニュアンスを非常によく発達させます。生き生きとしてさわやかなワインもあれば、コクのある、濃厚なワインもあります。アルト・アディジェ(南チロル)の伸び盛りの白ワインです。
栽培地域
454 ヘクタール
ソーヴィニョン・ブラン品種の栽培面積
8.1 %
アルト・アディジェ(南チロル)における総合ブドウ栽培面積に占める割合
Serving temperature
10°C
Min.
-
12°C
Max.
Pairs with
aperitif
fresh water fish
vegetable dishes
goat cheese
栽培に適した土地
海抜600メートル以下の中高地にある石灰質の土壌を好む
飲みたくなりましたか?

以下は、アルト・アディジェ産のソーヴィニョン・ブラン

サービス
 
 
 
 
 
0 / 表示0
試飲
グルメ
試飲
グルメ
試飲
グルメ
試飲
グルメ
試飲
グルメ
試飲
グルメ
試飲
グルメ
試飲
グルメ
試飲
グルメ
試飲
グルメ
近親者のいくつか
アルト・アディジェ(南チロル)の他の白ワイン用ブドウ品種
リストに戻る