ピノ・ビアンコ(Pinot bianco)

アルト・アディジェの有名な白ワインの中で最もさわやかでフルーティ

アルト・アディジェ(南チロル)では、ピノ・ビアンコは最高で海抜800メートルに及ぶ高地を好みます。ゲヴュルツトラミネールとソーヴィニョンと共に、この地のトップの白ワインとなりました。リンゴ、ナシ、レモンのブーケ、そしてハーゼルナッツ、ヘイフラワーのニュアンスがあるために、食事の相性が非常に広いワインとなっています。生き生きとした酸味、洗練された果実の香りのニュアンスがあるために、このワインを支持するワイン好きやワイン通が増え続けています。
栽培地域
575 ヘクタール
ピノ・ビアンコ品種の栽培面積
10.3 %
アルト・アディジェ(南チロル)における総合ブドウ栽培面積に占める割合
Serving temperature
10°C
Min.
-
12°C
Max.
Pairs with
aperitif
appetizers
fish
traditional dishes of Alto Adige
栽培に適した土地
アルト・アディジェ(南チロル)全域の800メートル以下の高地で栽培。
飲みたくなりましたか?

以下は、アルト・アディジェ産の最もさわやかでフルーティなピノ・ビアンコ

近親者のいくつか
アルト・アディジェ(南チロル)の他の白ワイン用ブドウ品種
リストに戻る