伝統と未来への可能性を併せ持つ、アルト・アディジェ(南チロル)の赤ワイン

思ってもみなかった味覚の喜び

アルト・アディジェでは流行を追わず、独特の性格を持つ本物のワインを生産します。それは、伝統的な赤の品種、国際的な品種、新しく選ばれた期待できる品種のいずれにも言えることです。スキアーヴァやラグレインのような土着品種に加え、1890年以降は、メルロー、カベルネ、ソーヴィニョンといったクラシックなボルドーワインの品種も定着しています。アルト・アディジェのテロワールでは、果実味豊かなものや、ストラクチュアとコクがあるものを交える赤ワインは、驚くような味と洗練された性格を展開し、ワイン通と消費者を、文字通り、熱狂させます。

赤のアルト・アディジェ(南チロル)

ブドウ品種

あふれる強い香り

何年も前から国際コンクールの上位アワードを獲得して注目されているアルト・アディジェ(南チロル)の白ワイン