ワインへの愛で結ばれた人々

アルト・アディジェのブドウ栽培業者。それは小さな組織、大きな努力。

モザイクのように多様に栽培されているワインは、大きなスペースを必要としませんが、大きな努力と適切な場所を必要とします。それは、5000以上の数にのぼるアルト・アディジェのブドウ栽培業者が毎年実証していることです。彼らは、自分たちの小さな事業組織で、非常に上質のワインになるブドウを育てて収穫し、約200の数にのぼるワイナリーに提供します。そしてワイナリーは、ブドウを素晴らしい白ワイン、赤ワイン、スプマンテに変えるのです。毎年、アルト・アディジェ(南チロル)では、4000万本のボトルを生産します。そのうち、70%が協同組合ワイナリー、25%が農園で扱われ、残りの5%を「アルト・アディジェの独立ブドウ栽培業者」に所属する事業者が扱います。

スプマンテの生産者は、Associazione produttori spumante metodo classico Alto Adige(アルト・アディジェのクラシック方式スプマンテ生産者協会)という団体として結集して、卓越した発泡ワインのためのすべての必要条件を守ることを保証しています。

あふれる強い香り

何年も前から国際コンクールの上位アワードを獲得して注目されているアルト・アディジェ(南チロル)の白ワイン